保管について

そのままfigmaを飾っておく場合には、自然にホコリも付いてきますから、もしも可能であれば、アクリルケース、または保存用のケースに入れて飾るのが良いでしょう。ただし、その対策をしてもホコリが付くケースも当然あります。

綿棒手入れをする際には、エアダスター、それから綿棒を使います。エアダスターを使って大きなホコリを飛ばします。それから、残ったホコリを綿棒を使って、水で濡らして拭いてきれいにします。それで落ちないようなホコリがある場合には、ウェットティッシュを使って直接拭き取ることを意識しましょう。ただし、この場合には塗装がはがれてしまうかもしれませんから、十分に注意をして掃除をすることを心がけましょう。

飾るときには、直射日光が当たるところはなるべく避けるように心がけましょう。日光に当たると、直射日光の影響を受けてしまうため、窓際はできる限り避けることを意識しましょう。日光に当たるト、紫外線の影響もあって塗装の日焼けが起こってしまいます。塗装がはがれる可能性もあります。樹脂が溶けてしまうことだって考えられますので、保管場所は慎重に選ぶように心がけましょう。夏場は特に気温面に注意したいところです。

査定に直接響くところですから、十分に気を付けておきたいものです。